No.41 「お肌スベスベツルツル」バイブル 【予防医学コラム】

冬は肌にとって過酷な季節!

41_skincream_01ついこの間までは皮脂や汗のテカリが気になっていたのに、ふと気付けば、お肌がカサカサしたりかゆみが出たり…肌トラブルに悩む人も多いのでは?

冬は一年のうちでもとくに肌トラブルの起きやすい時期です。

 

冬の肌トラブルの原因とは!!

■湿度の低下

肌が乾燥すると、角質層からうるおい感やなめらかさの元となる保湿成分が失われます。すると、表面の角質がひび割れて、カサカサの状態になります。皮膚は紫外線やウイルス、有害物質から体を守る働きをしている為、乾燥が進むと、「肌のバリア機能」が低下し、肌トラブルだけでなく、免疫力の低下にもつながります。

■気温の低下

気温が下がると(寒くなると)、毛細血管が収縮し、血行も悪くなります。すると、皮膚の新陳代謝も低下し、肌のくすみやくまが目立つようになります。

さらに、皮脂や汗の分泌量が大幅に減少するため、ハリのない、キメの乱れた、透明感のない肌など、様々なトラブルが起こりやすくなります。

 

「乾燥」に要注意!

肌に潤いが保てる湿度は65~75%と言われます。ところが、10月になると湿度がどんどん下がり始め、最低湿度が60%を切る日が増え、11月後半からは肌にとって常に乾燥注意報が出ている状態です。そして、2月には46%にまで下がり、ここから4月中旬までは快適な湿度に戻りません。つまり、実に半年以上、肌は乾燥の危機にさらされていることになり、この状態でエアコンをつければ、さらに肌がカラカラになってしまうわけです。

 

お肌の若々しさを保つには!

41_skincream_02赤ちゃんのように、化粧品を使わなくても美しくみずみずしい肌でいられるのが究極の理想。

そんな健康な肌を作るために欠かせないのが“栄養”です。いくら保湿しても、水分を保つコラーゲンやエラスチンなど、肝心な肌の構造がしっかりしていなければ、ヒアルロン酸などの水分を保つことができず、すぐに蒸発してしまいます。

肌を美しく保つためには、栄養をしっかり摂ることが必要なのです。

 

ツルツル美肌のカギは“保湿”!!

冬は1年のうちで最もケアが大切な季節です。冬の間に老けないためにも、内側からのケア(栄養)はもちろんですが、外側からは保湿が第一!

肌本来のうるおいキープで、思わず触れたくなる赤ちゃんのようなスベスベツルツル肌に!

 

ヘルバのおすすめはこちら>>

 


カテゴリー一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年2月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月