No.1 インフルエンザワクチン(予防接種)は効果のない劇薬?! 【医食同源】

isyoku_title

 

ワクチン接種(予防接種)と聞くと、名前の通り、安全で予防効果の高いもののように思われている方も多いのではないでしょうか?

しかし、重篤な副作用によって、後遺症が残ったり、死亡する例もあります。

今回はインフルエンザワクチンについてです。

 

isyoku1_1512変異を繰り返すインフルエンザウイルスは、ワクチン(予防接種)では予防しきれません!

インフルエンザウイルスが人間の細胞にとりつくと、たった数時間で数千個に増殖しながら変異していきます。そのため、毎年流行するウィルスは変わっていくのはもちろん、作られたワクチンを打つ頃には『既に変異している可能性』があり、ワクチンで完全に予防する事は不可能です。

 

インフルエンザ脳症はワクチンでは予防できません!

主に1~5歳の幼児が発症しやすい「インフルエンザ脳症」は、けいれんや意味不明な言動などの医異常行動がみられ、脳が腫れ、意識障害を起こして後遺症が残ったり、最悪の場合死に至ることもあります。インフルエンザ脳症は、インフルエンザにかかった時に発症する為、ワクチンでウイルスを予防できない事からも、発症は防げるとは言い切れません。

 

“ワクチン”(含有添加物)で多くの後遺症や死亡例が!

ワクチンには、防腐剤や殺菌剤として、水銀やホルマリンなどの発がん性のある添加物も含まれています。それらは、肝機能に大きく負担をかけ、脳神経や免疫系に悪影響を与える為、毎年多くの人が副作用を経験し、死亡例も出ています。

 

栄養を摂り、インフルエンザから身を守る!

自分の免疫は、変異するインフルエンザウイルス全てに対応できるスーパーマンです!

本来、人間の体は、ウイルスや細菌など多くの外敵から身を守る為の免疫システムを備えており、体内で変異するインフルエンザウイルス全てに対して、武器の役目をする「抗体」、兵隊の役目をする「白血球」を作って対抗すことが出来ます。しかし、これらをつくり出す栄養が足りなければ、本来の力を発揮する事は出来ません。つまり、免疫細胞やその働きに不可欠なバランスの良い栄養を摂って、自分の免疫力を高める事が一番の予防策なのです。

 

インフルエンザに関する体験談はこちら>>

 

 

\ お気軽にお問合せください /
tel-form_btn line_btn

 


カテゴリー一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年2月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月