カンダバー青汁 青汁を超えたスーパー青汁


kandaba_j02

 

 Q&A  カンダバー青汁とは!

 

カンダバー青汁とは?

ビタミン&ミネラル不足の現代人の為に、ケールや大麦若葉などに比べ、栄養が豊富な「カンダバー葉」と、創業以来愛用されているヘルバの「マルチビタミン&ミネラル」がバランス良くプログラムされた「青汁を超えたスーパー青汁」です。

 

どのように摂れば?

1回1包を、1日1~2回を目安に、100cc程度の水、牛乳、果汁などによく溶かして、お召し上がりください。又、ドレッシングなどにミックスして頂いても、野菜の味がとてもおいしくお召し上がりいただけます。

 

kandaba_photo_j

■3,000mg × 10包
■分包タイプ

■定価 3,800円(税別)

 

buy_button2

 

“カンダバー”って?

栄養豊富な沖縄の島野菜

「カンダバー」とは沖縄地方の方言で「かずら(甘藷)」をさす言葉。南国沖縄の強い日差しの中で育つため、栄養価の高いことで知られています。戦後の食糧難には芋が育つよりも先に葉を収穫し、貴重な栄養源として食べられていました。葉をもんで出た粘りで髪を洗うと艶々になるとも伝承されています。

 

特徴1 食物繊維やビタミン群が豊富!

カンダバーには、食生活の欧米化やライフスタイルの変化により不足している“食物繊維”がたっぷり含まれています。また、ビタミンA,C,B1,B2,カリウムも豊富で、抗酸化作用や整腸作用があることが知られています。ヘルバのカンダバー青汁には、さらに必須ビタミン13種類+2種類、必須ミネラル18種類をバランス良く配合していますので、毎日の栄養補給に最適です。

 

特徴2 ほうれん草の3倍以上のルテインを含有!

栄養価が高いことで知られるカンダバーには、沖縄の強い紫外線から身を守るために蓄えたポリフェノールの含有が特徴的で、特にカロテノイドの一種である「ルテイン」をほうれん草の3倍以上、ケールと同等もしくはそれ以上の含有を誇っています。「ルテイン」は加齢黄斑変性症など眼病予防の分野で、いま最も注目を浴びているカロテノイドの一つです。

kandaba-hatake

 

 

20140328144612110

buy_button2