ひどい皮膚病をバウワウで改善!毛量も増えました!

ku_01 (1)

空(くう)ちゃん/4歳

紀州犬

 

 

 

 

 

2014年3月に避妊手術、2015年5月頃には膀胱炎で2か月程抗生物質を飲んだりしていたため、ホルモンや腸内細菌などのバランスを崩したのか、11月頃、全身のかゆみがひどく、自分でむしってしまい、おなかと背中の毛がかなり抜けてしまいました。

皮膚科専門病院で検査すると、マラセチアに感染していて、5日間ステロイド剤と4日おきのシャンプーを指示されました。

 

5日間のステロイド剤でかゆみは治まりましたが、シャンプーを続けていると、他のところまでどんどん毛が抜け、11月頃には、寒い中背中の毛がほとんど抜けてしまい、ちょっと悲惨な状態でした。

別の皮膚科専門の動物病院の情報によると、シャンプーをするとひどくなると知り、シャンプーをやめ2か月程経つと、少し戻ってきました。検査でも食べ物のアレルギーは特になかったので、アトピーだったのだと思います。

 

2016年5月頃からまた少しかゆみが出るようになり、今度は皮膚の色素沈着が強くなってきたので何かいい方法はないかと探していたところ、友人からバウワウとスキン・ビオを紹介していただき、8月頃からスタートしました。

 

バウワウを、食事の時と夜寝る前にあげています。

水に溶かしてあげるとよくなめてくれるので、これを食べたら終わりと思っているようです。食事も手作りなので栄養に不安がありましたが、天然のビタミンやアミノ酸を摂れるのは安心できます。

バウワウをスタートして3~4か月・・・毛の量が増え、紀州犬ですが、秋田犬の子供に間違えられる程です。皮膚の苔癬化もなく、今年はおなかも健康なピンク色です。

 

皮膚にはスキン・ビオを使っています。スキン・ビオは口内炎にもいいと聞き、私が口内炎になった時使ってみましたが、次の日にはかなり良くなりびっくりしました。

 

これからも続けていきたいと思っています。