新型コロナ禍、ビタミンとミネラルが体の抵抗力を高める!

ビタミンとミネラルが体の抵抗力を高める!

 

新型コロナウイルスの影響が長期化し、不安や恐怖だけでなく、これまでとは違う生活環境に、知らず知らずのうちにストレスを抱えている人も少なくありません。
そんな中で私たちは、ウイルスはもちろん、この状況、環境やストレスに対して、対応できる体づくりをすることが重要になりますが、それには普段の食生活が大きな影響を与えます。

 

栄養学者が摂取を薦めるビタミン・ミネラル

私たちの体に備わっている「免疫機能」には、体に侵入したウイルスや細菌を真っ先にやっつけようとする自然免疫と、万が一侵入したとしても排除に働く獲得免疫の2種類があり、どちらの働きの維持にも、ビタミンとミネラルが大きな役割を担っています。
中でも、ウイルスや細菌の侵入口となる鼻や口、腸管の粘膜免疫の維持に欠かせない「ビタミンD」と「亜鉛」、ウイルスが粘膜を突破して体内に侵入した時に戦う、免疫細胞の働きを高める「ビタミンC」は重要です。新型コロナ禍において、海外の栄養と免疫の研究者たちは、バランスのいい食事に加えて、マルチビタミン・ミネラルサプリなどを用いてしっかり摂ることを推奨しています。

 

コロナストレスで大量消費されるビタミン・ミネラル

ストレス社会に生きる私達の中で、ビタミン・ミネラルが十分に足りている人はほとんどいないと言われています。ストレスを受けると、抗ストレスホルモンのコルチゾールを生産するためにビタミンCが大量消費されます。その他、食品添加物の摂取、薬の使用、飲酒、喫煙などでも大量に消費されます。

その一方、化学肥料や農薬の使用などにより土壌が枯れ、野菜に含まれる栄養素自体が減少しているため、現代は食事だけで十分量の栄養素を補うことは物理的に難しくなっています。

日本の食事摂取基準は欠乏症にならないギリギリの量の設定であり、私たちを取り巻くストレス環境を考えると、健康な生活を送る上での必要量とは大きな差があると考えられます。

 

栄養バランスの整った食生活で、ウイルスやストレスから防御!

代謝の要であるビタミン・ミネラル、細胞の要であるたんぱく質が不足すれば、当然病気にかかりやすくなります。栄養不足は免疫機能に与える影響が大きく、感染症に対する抵抗力を低下させるだけでなく、様々な不調の原因となる可能性があります。必須栄養素が不足すると、発酵食品など他の食品成分をいくら摂っても、免疫機能は効率的に動きません。

 

普段の食生活を見直し、たんぱく質・ビタミン・ミネラルをしっかり摂って、ウイルスやストレスに対する抵抗力を高めて、体調を整えながら過ごしていきましょう。

 

ヘルバのおすすめ製品デザインシリーズ

 


カテゴリー一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年5月
  • 2020年7月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年2月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月