No.28 「メタボ錯覚」症候群 【予防医学コラム】

39_fire_01同じ体重なのに…!?

若い時と体重が変わらないのに、体型が全く違う!

なんてことはありませんか?

体の中で何が起こっているのでしょうか?

 

美しさ若々しさのバロメーターは!

細胞の数は成長期を過ぎると増えませんが、脂肪は年齢に関係なく増えていきます。体重だけで肥満を判断する人がほとんどですが、大切なのは細胞と内臓脂肪量などのバランスです。それが、年齢とは関係なく健康で若々しい体か、いつ病気になっても不思議ではない体かを左右するのです。

 

最大のエネルギー消費「基礎代謝」!

エネルギー代謝には、日常生活の動作や運動で消費する「生活活動代謝」、食事の時に消費する「食事誘導性熱代謝」、生命維持に不可欠な「基礎代謝」があります。

基礎代謝は心臓を動かす、体温を保つなど、生命維持の為に絶えず消費されるエネルギーで、一日の総消費エネルギーの約70%を占めます。基礎代謝は20代をピークに減少していきますが、これをいかに維持するかが健康やアンチエイジングに大きく影響するのです。

image03_1711

 

エネルギー代謝を担う「ミトコンドリア」! image02_1711

私たちは運動する時だけでなく、生きていく為に常にエネルギーを消費しています。例えば、脳が働く時にはニューロン(神経細胞)からニューロンへとインパルス(電気信号)が流れ、情報が伝えられますが、この神経細胞でもミトコンドリアによってエネルギー代謝が行われるおかげで、スムーズに情報伝達が行われます。つまりミトコンドリアは全身のすべての働きに関係しているのです。

 

ミトコンドリアの働きには!

ミトコンドリアが効率的にエネルギーを産生するには、栄養や酸素、そしてコエンザイムQ10、α-リポ酸、L-カルニチンなどの補酵素が全て揃わなければなりません。これら補酵素は本来、バランスの良い栄養を材料に体内で作られるものですが、20歳前後をピークに低下し、40歳前後になると急激に生産能力が低下します。その為、燃料である脂肪や糖分が体内に蓄積し、太りやすくなったり体型の変化につながるのです。

 

メタボを予防し、美しさ若々しさを保つには!

メタボリック症候群などの病気を予防し、美しさや若々しさを保つには、細胞やその働きに必要なバランスのよい栄養たんぱく質&ビタミン&ミネラルを摂ることが基本ですが、それに加え、年齢とともに生産量が低下する“α-リポ酸”“コエンザイムQ10”“L-カルニチン”などの機能性成分をバランスよく摂ることがポイントです。

 

cr10_cミトコンドリアの働きが高まれば、最大のエネルギー代謝である基礎代謝が高まり、いくつになっても美しく若々しい体を保ち、健康維持はもちろん病気の予防ができるのです。

 

ヘルバのオススメはこちら>>

 


カテゴリー一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年2月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月