No.26 「夏のベタベタカサカサ 」症候群 【予防医学コラム】

夏のお肌はトラブルだらけ

夏は気温や湿度も高くなるため、肌は潤っていると思いがちですが、実は夏になると肌トラブルが増えるという人が多くなっています。

 

img01_1808

夏肌トラブルの原因は?!

夏は暑さにより大量に汗をかくため、ベタつきやすい上に、肌を外敵刺激から守っている皮脂膜が流され、肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなります。さらに、汗をそのまま放置することであせもや痒みとなるだけでなく、角質層がふやけて皮脂腺を圧迫し、皮脂や毛穴が詰まりやすくなり毛穴の黒ずみやにきび・吹き出物ができやすくなります。

また、汗は通常、肌と同じ弱酸性ですが、汗をかいた肌の表面は時間が経つとアルカリ性へと傾くため、肌のpHバランスが崩れ、トラブルが起こりやすくなります。

 

潤っているように見えますが、実は乾燥?!

汗や皮脂の分泌が多いと、一見潤っているように見えますが、実は夏のお肌は乾燥している場合が多いのです。その大きな原因が冷房です。冷房はお肌の水分を奪い乾燥させるため、冷房のきいた部屋に長時間いることで、水分・油分の保持能力が低下して、お肌が乾燥しやすい状態になっています。さらに、足りない水分を油分で補おうと皮脂が過剰に分泌し、それがかえってお肌を乾燥させてしまうのです。

 

img02_1808

さらに、紫外線も!

汗や皮脂、乾燥などのトラブルを抱えたお肌は、紫外線の影響を直接受けやすく、炎症を起こしたり、シミの原因をつくるだけでなく、角質層を傷つけ肌のバリア機能を弱めてしまいます。また、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、お肌や身体の「酸化=老化」を加速させ、肌トラブルだけでなく、身体全体の働きや免疫力まで低下させてしまうのです。

 

夏の間のケアがポイント!

夏になると紫外線対策をする人も多いと思いですが、紫外線だけが肌トラブルの敵ではありません。夏の間は肌トラブルを起こす原因が多い上に、トラブルに気付きにくい為、ケアを怠ると、秋以降一気に肌年齢を上げてしまうことになります。日々のスキンケアをこまめにすることが大切です。

 

肌トラブルを防ぐには!

 お肌や身体に必要な栄養をバランスよく摂ること 

肌のターンオーバーはもちろん、全身の新陳代謝を高めることが大切です。

肌の材料や新陳代謝に必要な「必須栄養素群」である各種アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂ることが基本です。

 正しいスキンケアをすること 

お肌を清潔に保ち、保湿し、バリア機能を正常にすることで、冷房による乾燥や紫外線の影響を軽減します。

 

まずは、正しいスキンケアから!

正しいスキンケアで肌に潤いをたっぷり与えることで、メラニンの排出などターンオーバーがスムーズになり、トラブル知らずの美しい肌を作ることができます。

 

ヘルバのおすすめはこちら>>

 

\ お気軽にお問合せください /
tel-form_btn line_btn

 


カテゴリー一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年2月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月