No.18「なぜか?小ジワ」症候群 【予防医学コラム】

お顔の「小ジワ」は老け顔の象徴です!

顔の印象を大きく左右するシワ。中でも、目の周りは皮膚が薄いので、一番年齢の出やすいところです。シワの有り無しで、見た目の年齢は大きく変わり、老けた印象を与えてしまいます。

 

更年期から増え始める「小ジワ」… 

乾燥_02更年期を迎えると、ホルモンバランスが乱れ、自律神経の働きが狂い出し、同じ末梢神経系である脊髄神経の働きが低下します。脊髄神経は筋肉運動に大きく関わっている為、皮膚や脂肪を支えている顔の筋肉が衰えたり、緩んだりしてシワができやすくなります。
また… コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは、お肌の弾力の元になりますが、これらは女性ホルモンの働きによって生成されます。
その為、ホルモンバランスが乱れると、皮膚材料の生成が低下し、肌の弾力が失われてシワができる原因になります。

 

若くても「小ジワ」ができる原因は…

紫外線

表皮や真皮にダメージを与え、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させ、肌の柔軟さや弾力を奪います。

乾燥

表皮の外側にある角質層の表面が壊れて剥がれやすくなり、出来た隙間から水分が蒸発し、小ジワの元となります。

栄養バランスの乱れ

皮膚の材料であるバランスのよい栄養が摂れず、皮膚の新陳代謝が低下します。

誤った化粧品など

化粧品に含まれる合成オイルがはお肌の上で酸化し、老化させます。また、合成界面活性剤が多量に配合された洗顔料などを使っている場合もシワの原因になります。

 

お肌の若々しさを保つには!

赤ちゃんのように、化粧品を使わなくても美しくみずみずしいお肌でいられるというのが究極の理想。その為には、お肌の健康、つまり、本来誰しも持っている「お肌 を美しく保とうとする力」を取り戻すことが大切です。
そこで… お肌の材料を毎日きちんと!!
お肌だけでなく、神経やホルモンの材料となり、健康なお肌を作る為には欠かせないものが“栄養”です。いくら保湿しても、肝心の水分を保つコラーゲンやエラスチンがしっかりしていなければ、ヒアルロン酸を保つことが出来ず、すぐに水分が蒸発してしまいます。
お肌を若々しく保つためには、保湿だけではなく、材料をしっかり摂ることが必要なのです。しかし、お肌の健康を取り戻すには4ヵ月~2年…と少し時間がかかります。

 

大切な毎日のスキンケアが若々しいお肌を!

そこで、体内からの栄養でお肌を修復する間、毎日しっかりと「外側からもお手入れ」する必要があります。また、「お肌によい成分を使う」ということもポイントになります。

[1]コラーゲンやエラスチンなどの生体構成成分

[2]ハーブなどのお肌のバリア機能を高める成分

[3]アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分

 

正しいスキンケアが美しいお肌を保つ!

肌_03女性なら誰しもお肌のお手入れには気を使っているでしょう。しかし、間違ったスキンケアでは、せっかく行っても意味のないものになってしまいます。
中でも、鉱物油(石油系)や合成界面活性剤を使用している化粧品などは、皮膚呼吸を妨げたり皮脂を奪い取ったり、お肌のたんぱくを変性させたり…と肌に刺激を与え、肌荒れやかぶれの原因を作る場合もあるのです。

 

出来る!「小ジワ」ばなれ!!

毎日正しく、そして、良い成分を使ったスキンケアをすることで、シワを作りにくいお肌を作ることが出来ます。
そして、さらに、肌を柔軟にする成分、弾力のあるみずみずしいお肌を作る保湿成分、お肌の老化を防ぐ抗酸化物質などをバランスよくお肌に与えて、シワやたるみを集中ケアしましょう!

 

ヘルバのおすすめ製品はこちら>>

 

\ お気軽にお問合せください /
tel-form_btn line_btn

 


カテゴリー一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年2月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月