ヘルバ予防医学研究会顧問 山﨑正利先生よりメッセージ

山﨑先生メッセージ

 

長年に渡り、ヘルバ予防医学研究会の学術顧問をお勤めいただいてる山﨑 正利先生は、感染症や免疫機構に関わる研究をご専門とされています。

今回の新型コロナウイルス感染症の流行について、山﨑先生からメッセージをいただきました。

 

ヘルバ予防医学研究会学術顧問 / 薬学博士 
山﨑 正利先生 メッセージ

 

今年になって突然起きた新型コロナウイルスの感染症に不安を感じている方も多いと思います。

人類はこの新型コロナウイルスに初めて遭遇するため、免疫学的な記憶を持っていません。また、免疫学的記憶を作る手段であるワクチンもまだ人類は手にしていません。では私たちは新型コロナウイルスに無力なのでしょうか?

いいえそんなことはありません。

 

感染症になるかどうかは、2つの要因のバランスで決まってきます。

1つはウイルスや細菌など“体に侵入してくる外敵の絶対量”です。もう1つは“体の防御能力の強さ”です。

防御能力の主力は免疫力ですが、気道粘膜の状態や傷んだ細胞の修復能力も大切です。

この外敵量と防御能力の2つのバランスが崩れると、感染症を発症することになります。

 

従って予防の第一歩は、侵入する外敵の絶対量を減らすことです(手洗いをする、マスクをするなど)が、さらに大切なことは体の防御能力をしっかりさせる、高めるということになります。

そのためには “睡眠と栄養をしっかりとる” ことがとても大切です。

その手助けをしてくれるヘルバ製品はとても有用といえます。

 

ウイルスなどの外敵に立ち向かう免疫には、自然免疫(主にマクロファージなどの食細胞が関与)と獲得免疫(抗体やリンパ球が関与し免疫学的記憶を作る)があります。

外敵には、「最初に自然免疫が応答」し、「感染1~2週間後に獲得免疫が始動」、「最終的に免疫 学的記憶(コロナに対する抵抗性)が成立」します。

未知の病原体である新型コロナウイルスといえども、私たちの身体はまず自然免疫で防御し、さらに獲得免疫へバトンタッチします。

 

“ヘルバ製品のように体の防御力を高めるものは、自然免疫と獲得免疫の両方、さらには傷んだ細胞の修復にも大きな働きをする” と考えられます。

 

心配しすぎてストレスがかかると、体の防御力(免疫力)も低下します。 ヘルバと共に自信を持って困難な時期を乗り越えたいものです。

 

 

山﨑先生が監修されたヘルバの免疫系への影響に関する検証はこちら>>

 

 

山﨑 正利先生プロフィール

薬学博士 / 帝京大学薬学部 名誉教授
東京大学薬学部卒業 / 同大学院卒業・薬学博士同大学助手、米国国立がん研究所・客員研究員(文部省 研究員)、帝京大学薬学部就任とともに、熊本大学医学部講師・東京大学薬学部講師・京都大学薬学部 講師など歴任後、帝京大学教授就任。

 

 

ヘルバのおすすめ製品デザインシリーズ

 


カテゴリー一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

  • 2020年7月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年2月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月